葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】

葬儀屋の転職には転職サイトが便利

葬儀屋などの冠婚葬祭に関する業界は常に需要があり、不況に強いと言われています。また安定性も高く転職先としても葬儀屋は人気がありますので、しっかりと準備をして転職活動をする必要があります。

リクナビNEXTでは、転職のプロが求人の紹介から転職活動のバックアップまでサポートしてくれるのでオススメですよ。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクナビNEXT 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
・約35年の実績を誇るリクルートグループが運営。年間2万3000名以上が希望の転職先へ。
葬儀屋業界へ採用を目指した面接力UPのセミナー開催。シュミュレーションで選考対応。
葬儀屋の役員秘書・営業課長・人事職など未経験から応募することができる求人を掲載。
・希望する勤務条件にマッチした葬儀屋の求人や市場の動向を転職情報メールでお知らせ。
・葬儀屋への転職をサポートするマイページ機能で職務経歴書作成も入力するだけで完成。
・平日の夜もしくは土日に行われる企業イベントは人事担当者への直接コンタクトが可能。
・葬儀屋業界に特化した求人で日本全国のIターン・Uターン転職にすばやく対応します。


マイナビエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
・ご利用満足度96.4%のコンサルティング。初めての転職でも条件交渉で満足できる結果に。
・丁寧なキャリアカウンセリングで転職したい葬儀屋の全体像をチェックして求人を紹介。
・葬儀屋業界への転職活動は職務経歴書以外に人柄などの魅力が伝わる推薦状でフォロー。
・求人票のデータだけでは掴めない葬儀会社の雰囲気・難易度・成長性などの情報も提供。
・葬儀屋へ転職してからも些細なことから相談を受け付けてもらえる自慢のアフターケア。
気になる葬儀屋の求人も最大20件から保存。閲覧履歴・検索履歴も足跡として残せます。
・初めての転職。2回目以降の転職。あなたの背景や事情に合わせたきめ細かいサービス。
上場企業・残業ほとんどなし・第二新卒歓迎・育児休暇のこだわりや企業特性から検索。


DODA 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
葬祭ディレクター・営業社員・社内SE・一般事務職など葬儀会社の幅広い職種を案内。
中途入社者50%以上・キャリアアップ支援・採用人数5名以上の優良葬儀屋求人を提供。
・スカウトサービスの利用で採用率の高い非公開の葬儀屋求人に出会うことができます。
・転職の失敗事例・市場データ・転職に関する相談など豊富なコンテンツが活動の参考に。
・興味のある葬儀屋の求人にはDORAを経由することなく直接企業へ応募することができます。
・自分の方向性がわかるキャリア診断で行動基準・能力傾向・お勧め仕事スタイルを判断。
・個人情報は非公開で提携している人材エージェントからハンティングサービスを受付け。
・業界や職種別の合同面談会。自分のペースで活動する個人相談会で企業情報をリサーチ。


パソナキャリア 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
・こちらも転職エージェントでは知名度抜群のサービス!「パソナキャリア」がランクイン!
・特徴としては女性の転職に強みがある点です。女性の方はパソナ1つで活動する人も多い。
・葬儀屋に転職したい女性が利用しているケースも多く安心度が高いです。
・エリアとしては全国対応しており都心から地方都市までカバーしています。
・「産休明けの復職で不安だったがパソナキャリアのおかげで好待遇の求人にありつけた」
 「結婚をきっかけに都心からIターン転職をする際に利用して満足いく転職ができた」
 など利用者の喜びの声は多い。特に女性からの評価が高いというのに特徴あり。
・求人数は3万件以上と業界の中でも多い部類に入ります。求人数も安心感が高い。


type転職エージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
・知名度でいうとこちらもお勧め!電車の広告などでも見かける「type」のエージェント!
・強みのある職種としては、営業系職種、経理・財務系職種、人事系職種、WEB系職種など。
・転職コンサルタントが業界ごとに強みのあるスタッフが担当するので安心!
・葬儀業界の様々な職種に対応していて葬儀屋の転職にも使い勝手がいいです。
・求人の内容にも幅があり、未経験okの求人からリーダー責任者クラスまで多数保有。
・「未経験で葬儀屋に転職する時に利用して無事都内の葬儀屋に転職できた」
 「年収アップを目指して転職活動をして成功」したなど評価の声は多い。


葬儀屋は転職しやすいのか?

一般企業と比べて葬儀屋は転職しやすい職業と考えられます。その理由は、職場での人間関係や仕事上での苦労など様々な経験をしてきた転職者の方が葬儀屋に向いていると考えられているからです。葬儀屋という仕事の性質上様々な場面に遭遇することがあって、ドラマや小説みたいな人間模様が繰り広げられる可能性が考えられます。そのような場合に、新卒社員では戸惑ってしまい適切な対応ができない可能性があります。その点人生経験豊富な転職者なら適切に対応することも期待できると考えられているため、葬儀屋は転職しやすい職業のひとつと言えるのです。

ただ葬儀屋と一口に言っても様々な仕事内容があって、それぞれに担当するスタッフがいます。葬儀屋に転職することを考えるにあたって、どのような仕事内容があるのかを理解しておくことも役立つことです。葬儀に関する一切の運営や進行、そして企画・立案を行うのが葬祭ディレクターで、葬儀全般に関する知識や技能が必要で葬祭ディレクター技能審査という試験もあります。資格には1級と2級があって、葬儀業の従事で資格取得の義務はありませんが資格を取得していると信頼度が上がりますし、転職する際にも有利になる資格です。

葬儀全般のサポート役として仕事をするのがセレモニースタッフ又は葬儀アシスタントで、葬儀社により担当する仕事内容は様々です。それから葬儀の司会を担当するスタッフが葬儀司会で、葬祭ディレクターが行う場合もあるのですが、その他の仕事があるので葬儀社では司会を専門に行うスタッフを用意しています。その他、送迎業務を行うドライバー・納棺師や復元納棺師・生花スタッフなどの仕事がありますが、これらは専門に行う方に依頼するケースが多いです。葬儀屋に転職を考えているのなら、どのような仕事に携わりたいのか、どのようなスタッフを募集しているのかを確認する必要があります。

先に触れたように葬儀屋は異業種からも転職しやすいですが、同業者間での転職も比較的多いです。特に葬祭ディレクターは、資格があって長く働いた経験があると他の葬儀屋で十分に働くことができますし、優秀で有能な葬祭ディレクターとなれば他の葬儀屋からヘッドハンティングされる可能性もあります。優秀な葬祭ディレクターが在籍していると葬儀屋の評判が良くなって、依頼が増える可能性にもつながります。葬儀屋と言ってもあくまでビジネスですから、葬祭ディレクターとして実力をアップすると転職に有利になることも考えられるのです。

葬儀屋の求人はどんな職種がある?

葬儀会社の職種を大体大まかに分けると、葬祭ディレクターとそのサポート、斎場のセッティングをする担当や控室のセッティングをする人、司会進行、守衛に分ける事ができます。会社によってさらに違いがありますので、大まかな分け方はこのようになります。

葬祭ディレクターには資格制度もあり、厚生労働省の認定制度です。資格には2段階があり、1級が葬儀の受注から設営、式の運営まで全てを行う事が出来る人で、学科と実地試験があります。社葬のプランニングもできるのがこの級です。2級は個人葬における受注、設営、運営ができる学科知識と、実地での技能を持っていることになります。知識の内容は、法律や法務関係、宗教、公衆衛生、葬儀に関する知識が問われます。合格率は1級が58.5%、2級が66.7%です。資格取得は1つの目安でこの資格をもっていなくても、葬儀会社で働く事ができます。

葬儀ディレクターの1級の資格は、葬儀会社に5年以上の勤務経験が必要ですので、転職の場合は2級を受験していた方が有利かどうかは、葬儀会社の方針によります。会社で葬儀ディレクターの資格を多数の人が持っているとすれば持っていない人は劣ると見られがちですし、資格自体の価値は落ちます。周りが資格をもっていないのに、資格を持っている事で優位な感じがあるかもしれません。しかし、1級を受験するのに2級を受験する必要はないので、5年勤務してすぐに1級を受験すると言う策も面倒が少なくて良いと言う考え方もできます。転職する時の受け入れ会社の様子で、資格については温度差があると言えるでしょう。

葬儀の司会進行を行うのは、例えば50名以下の葬儀では自社の社員が行い、それ以上であればプロの司会を呼ぶというやり方もあるそうです。葬儀用専門に司会を派遣する会社もあり、フリーで司会業をしている人もいます。日によっては司会を頼む事が出来ないほど混む日もあるため、大きな葬儀会社では司会進行のプロを抱えています。

守衛の職種ですが、転職求人サイトでは夜間宿直員という職種で募集されています。12時間勤務で、一見楽そうな仕事ですが故人を送る仕事に関わる事でやりがいは多いでしょう。お通夜から翌日の早朝まで葬儀会館を守衛する事と、掃除、電話対応などが主な仕事です。親族が泊まり込む事もありますので、接客も必要になります。葬儀会社とは別の派遣会社から派遣されることや、葬儀会社内で順番に月に何回か夜間宿直をするという場合も有ります。

TOP

葬儀屋の転職の基礎

条件別の葬儀屋求人

地域別の葬儀屋求人


Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.