京都の葬儀屋求人

葬儀屋求人トップ >> 地域別の葬儀屋求人 >> 京都の葬儀屋求人

京都の葬儀屋求人

京都のお葬式のしきたりは他の都道府県とはちょっと違っていて興味深いと言われています。天皇のお膝元である由緒正しい土地柄ですから、格式を重んじる葬儀が行われるのでしょう。例えば京都の葬儀では供花に『樒』という花を使用しますが、これは故人をお守りする意味があるそうです。一般的には菊を添えますが、ここでは枯れる事の無い常緑樹を利用しているのも特徴的です。また京都では友引の日でも葬儀を行います。

ただしその時は友人形(供人形)を一緒に添えて、遺族の方や友人・知人を連れて行かない様にしているのです。この様に独特の葬儀文化を持っている京都ですから、葬儀社のスタッフも地元のしきたりを十分に理解するところから教育が始まるのです。そういった意味で、京都での葬儀職はひとつハードルが高いと言えるかも知れません。多種多様な寺院仏閣がある土地柄ですので、それぞれに葬儀のしきたりや習わしがあって、それらの文化を尊重した丁寧な対応が要求されるからです。もし京都以外で生まれ育った方が就職を希望するならば、せめて大まかな流儀をチェックしておくと良いかもしれません。

現在、京都では他県と同様に葬儀件数の増加が顕著に見られます。これは日本全国で生じている事です。急速な高齢化社会では、おのずと葬儀件数の増加が見られるのです。また働き手の不足もあって、どの葬儀者も新たな人材を求めているのです。そこで知っておいてほしいのは、葬儀の仕事が昔ほど重労働ではなくなったという事です。成長企業によく見られる社内の役割分担の細分化がなされていて、それぞれの仕事自体の簡略化・簡素化が進んでいます。また葬儀テクニックも進歩していますから葬儀会場の設置から式の流れ、その他事務的作業も行いやすくなっている点もメリットと言えます。つまり未経験者でも活躍できる職種になっているという事です。

現在では老舗の葬儀社から新規参入の葬儀会社まで、多くの職場が求人を出して人材確保に努めています。雇用条件は正社員が多く、女性向けの求人も多数見られます。もちろんパート・アルバイトの口も十分に見つかるでしょう。葬儀職としては、葬祭ディレクター技能審査の導入以来、プロの葬儀師から、葬儀場の舞台設定やその他の手配を行う事務職や営業職、それに生花装飾のスペシャリストなどの専門職まで幅広い働き方が提案されています。ですから葬儀会社の求人を選ぶ際は、どの職場で働きたいかを事前に吟味して、望む条件に合った求人を選ぶ様にすると良いでしょう。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.