葬儀屋への就職活動

葬儀屋求人トップ >> 葬儀屋の転職の基礎 >> 葬儀屋への就職活動

葬儀屋への就職活動

葬儀屋へ就職するにはどうすれば良いのでしょう。ハローワークのサイトでも求人情報を検索することはできないので、個人的に求人情報が手に入りにくい業界です。会社によっては自社の公式サイトで募集しているところもありますが、遺族も目にする公式サイトで募集広告を出す会社は稀です。

募集広告を出している=人手不足。そう思われてしまうと葬儀の依頼を受けることが難しくなります。そのため葬儀屋は自社のサイトで求人を募集する方が少ないのです。転職サイトには葬儀屋の求人情報が掲載されていますが、あまり利用した経験のない人は躊躇してしまうかもしれません。転職サイトを経由すると強引に勧められそうな気もしますが、転職希望者の気持ちに反するようなことはないので安心して下さい。

就職活動にハローワークを活用する傾向がありますが、ハローワークでは葬儀屋の求人事情はわかりません。そうでなくてもあまり情報が存在しない業界なので、どんなに公共機関と言えども葬儀屋の方からハローワークに掲載依頼をしなければ、求人情報どころか業界の流れや現在の動向なども確認することはできません。

よく「転職サイトで検索しても求人が見つからない」と思う人もいるかもしれませんが、転職サイトは寄せられている求人の全てを掲載していないところや、会社名を非公開にして募集しているところもあるので、条件を絞れば絞るほど検索項目に引っかからなくて抽出されないケースもあります。最近では葬儀屋も○○葬儀社と名前をつけているところが少ないので、希望する条件で探すことができなければ直接問合せをした方が効率的と言えるでしょう。

また、葬儀屋によっては造花や生花・墓石など他の事業と連動して行っているところもあり、湯灌や納棺は別の外部業者に委託している会社もあります。葬祭施設を持っている会社なのか。それとも葬儀の司会やセレモニースタッフ専門の会社なのか。葬儀屋も細分化されているところと、一括で全てを請け負っているところと二極化しているため、本当に葬儀屋を目指すのであればリサーチが必要です。

「勤めている人の紹介がなければ就職できないのでは」という口コミや噂もありますが、転職サイトで紹介されている求人は紛れもなく葬儀屋が募集しているものなので、募集している条件に該当すれば誰でも応募することはできます。自分で1つ1つ葬儀屋に問い合わせる手間もなく、必要な情報を確認することが可能です。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.