葬儀屋の派遣

葬儀屋求人トップ >> 葬儀屋の転職の基礎 >> 葬儀屋の派遣

葬儀屋の派遣

葬儀屋さんへの派遣ではどの様な仕事が主に宛がわれるのでしょうか。大雑把に言えば、葬儀会場の設営から撤去作業に葬儀への参列者の案内・誘導があります。またご遺族に代わって、必要な手配や手続き等も行います。これは通夜や告別式を通したもので、人生で一度きりの大切な行事ですので、失敗や不満の起こらない様にご遺族・関係者の方々との綿密な打ち合わせをする必要があるでしょう。そういった流れの中で、担当する仕事内容はそれぞれ異なりますが、一般的に派遣社員が担当する業務は、社員の補佐的な部分となります。ですから責任の重い「ご遺体」を扱う内容はあまり宛がわれないのが一般的でしょう。

葬儀屋さんへ派遣されるスタッフが女性の場合は、式場の準備がメインとなります。木魚や鈴などのいわゆる鳴り物の用意やお骨箱や焼香台の設置、それに受付や座席の配置も担当します。また「お供養」や「礼状」を管理する事や、お寺の方など葬儀関係者へのお茶出しもする必要があります。生花の手配や通夜・葬儀終了後の片付け作業に、「初七日」や「精進落とし」の料理の手配等々、かなり幅広い担当となるのです。もちろん事務所では電話担当など事務的作業も務めます。中には外回りで営業活動する女性社員の方もいますので、男性よりは女性の方が活躍の場面が多いかもしれません。

そして男性が派遣される場合、葬儀の際は一般的には「力仕事」をメインとして役割が与えられます。例えば故人の身体を棺に安置したり、祭壇や花祭壇、業務用テントなどの設置・撤去作業もしたりします。それからご遺族との打ち合わせの補佐や営業活動も担当しますし、男性社員が行う一通りの作業はする事になると考えると良いでしょう。ただし、責任の重い部分はあくまでも補佐的な動きになります。

この様な仕事内容ですが、葬儀はいつも厳粛な儀式だという理解が必要です。ですからどの作業においても礼儀作法が問題になってきます。依頼者や参列者の方々への十分な配慮が求められる職種ですので、その点は社員も派遣社員も区別なく評価される事を知っておくべきでしょう。また勤務時間に関しても要チェックです。ある意味で昼・夜の区別なく仕事が発生します。お通夜の時は深夜までの作業をしますので、時間管理の面では苦労をするかもしれません。この様に仕事内容は多様ですが、派遣条件によって、ある程度の選択が可能になりますので、事前に派遣会社と話し合いを深めて、ご自分に適した職場を得る様におススメします。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.