葬儀屋の採用基準

葬儀屋求人トップ >> 葬儀屋の転職の基礎 >> 葬儀屋の採用基準

葬儀屋の採用基準

葬儀屋業の採用基準についてよく言われているのが、『既卒・未経験・女性』は葬儀業界で不利であると言う事です。それについては異論があります。まず既卒者ですが、新卒よりも採用が難しい事はありません。もちろん新卒者であれば各会社の採用時期を的確にとらえて、経営計画に沿った入社をする事ができますが、現場はむしろ即戦力になる営業経験者や接客業のノウハウを持った人材を求めるケースが多いのです。現在は葬儀業界の過熱時期とも言われていますので、増加する葬儀会社では人材確保のための戦略がなされています。これは大手の社員事情を見ると良く分かります。実質新卒者の割合は5割前後です。中には新卒をほとんど採用しない大手もあるのです。つまり転職者や途中採用の方が取り立てて不利になると言う事はないのです。

次に未経験者の採用に関してですが、未経験が不利との話しをする前に、もし経験者しか採用しないような葬儀社ならば、むしろ将来性に問題アリだと言う事を知っておいでください。また経験者のみの職場は固定観念が強く、柔軟な営業戦略が取り難いというデメリットがあります。また育成システムが弱く、新人を育てていく能力も余裕もない可能性もあります。その様な会社には、激動する葬儀業界で生き残る力が無いと言っても良いでしょう。それに実際の就職市場を見ても未経験者を拒む様な求人はありません。むしろ新しい可能性を持った未経験者を広く求人しているのが現状でしょう。

そして女性をあまり採用しないという事もありません。これも先の未経験者のくだりと同様で、むしろ女性正社員を多く採用している葬儀社の方が、将来性は高いという事を知っておくべきでしょう。実際に葬儀の場で活躍するのは、今も昔もご近所の女性陣です。葬儀の状況に適した心配りやテキパキとした動きは、男性にはない能力でもあるのです。そういった特質を活かしている大手葬儀会社は少なくありません。また営業戦略を練る際にも女性目線の意見は重要なのです。

とは言いましても、葬儀会社の採用条件に関しては既卒と新卒とでは異なりますし、女性の働く環境が不利なケースもまだまだ見られます。また業界の規模も大手から個人事業レベルのものまで様々ですので、一概に基準を述べる事は難しいと言えます。ただし成長産業である事は間違いなく、今後も職場の拡大は望めますし、それにつれて様々な能力やスキルを持った人材が求められる事でしょう。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.