葬儀屋の休日

葬儀屋求人トップ >> 葬儀屋の転職の基礎 >> 葬儀屋の休日

葬儀屋の休日

葬儀屋として働こうと考えている場合に気になるのが、休日の問題です。しっかりと休むことはできるのか、そもそも休みはどれだけもらえるのか、これはとても重要な問題です。もちろん葬儀会社によって異なる部分はありますが、一般的な例でチェックしてみましょう。

基本的に葬儀屋の仕事は、シフト制です。土日祝日が固定で休みということはありません。なぜなら、葬儀が行なわれることに曜日等は関係ないからです。ただし休日になりやすい日があります。それは六曜における友引です。この日は葬儀を行うことがほとんどないので、休日になりやすいのです。もちろん葬儀自体はなくても社内での業務もあるため、全員が休みになるわけではないので注意してください。

その葬儀会社の規模によっても、休日は変わってくることがあります。大手の場合は、しっかりとシフトが管理されていて週休2日が守られている傾向にあります。社員が多ければ、それだけ融通が利きやすいからです。それに対して普通規模の葬儀会社だと、月に5〜7日ほどのケースが多いようです。もちろん会社によって違いはあるので絶対ではありませんが、気になる場合は事前に確認しておきましょう。

休日がシフト制という場合、大型連休とはあまり縁がありません。事前にシフト申請をすることによって融通してくれることや、有給休暇を使うことによって自分で休みを作っていく方法になるのです。ただしこれも会社の忙しさによってはむずかしいケースはあるので、確約されているわけではありません。

小規模な葬儀会社の場合は、たとえ休日であっても呼び出されることはあります。その日のシフトに入っていた人が、体調不良などで突発的に休むことになった場合、人手が足りなくなるからです。それ以外にも実際の業務が想定以上に忙しかったと言うときにも、声がかかることはあります。休日自体はあっても、本当に休めるのかどうかが分からないこともあるので、むずかしいところです。

葬儀屋の仕事は、休日という点で考えれば、とても大変です。働く日と休む日とでメリハリを付けたい人の場合は、ストレスが溜まりやすい環境とも言えます。そのため仕事は大変ですが、大きなやりがいがあります。葬儀業界で働き続けている人の多くは、その仕事に大きなやりがいを感じているからこそ長続きしているのです。休日面が厳しいと言っても、これよりもっと厳しい業界もあります。重要なのは、自分がどういう仕事をしていきたいのかです。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクナビNEXT 無料 全国


TOP

葬儀屋の転職の基礎

条件別の葬儀屋求人

地域別の葬儀屋求人


Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.