葬儀屋の人間関係

葬儀屋求人トップ >> 葬儀屋の転職の基礎 >> 葬儀屋の人間関係

葬儀屋の人間関係

葬儀屋に限らずどこの業界にも人間関係の問題は存在していますが、葬儀屋という職業上いつも笑顔でいることの方が少ないので、どうしても気持ちのすれ違いが生まれてしまうこともあるでしょう。医師や看護師と同様に長く葬儀屋として働いていると、人の死について感覚が鈍くなると思われていることもあるかもしれません。

その仕事上の感情が態度や言葉に表れてしまうことで、人間関係に誤解をもたらしてしまうのも否定はできないのです。「なんとなく冷たい感じがする」「暗い」とイメージされるのもそのためですが、職場の雰囲気に明るさが見られないのは職業上の理由で、葬儀屋だから人間関係が面倒だと考えるのは間違いです。

自分と性格的に合わなければ警戒心を持つのは当たり前のことだし、ましてやその相手が上司になればマナーや作法にも気を配らなければなりません。それは葬儀屋だけの話しではないのですが、仕事内容と人間関係を結びつけてイメージしてしまう人も多いのでしょう。遺族に対して丁寧で静かな対応からそう思われる場合が多いですが、葬儀屋だから人間関係に問題が起こるわけではありません。

仕事が忙しくてバタバタしていることから、「話しかけにくい」と受け止めてしまう人もいるかもしれませんが、葬儀屋は華やかで楽しい空気を作る仕事ではないので、先入観から思い込んでしまうのは尚早です。愛想を振りまかないことでぶっきらぼうだと解釈されたり、的確な指示をキツイ言葉遣いだと思うのは、受け取る側の印象に過ぎないのです。

「人間関係の良いところで働きたい」と思うのは誰でも同じですが、これは実際に入ってみなければわからない部分もあります。本当に良いかどうかは職場に根を下ろさなければ把握できないでしょう。そうは言っても気になるところだとは思うので、転職サイトで希望する職場の環境を聞いてみて下さい。

同じ世代。似たような家庭環境。人は自分と似ている他人に親近感を持ちます。打ち解けるきっかけを作ることができるので、知っておいて損はありません。同じように子供がいれば子供の話題にも触れることができるし、同世代であれば生きてきた時代が同じなので話しも合いやすいはずです。人間関係までは言い出しにくいと感じる人もいますが、人間関係が原因で転職している人も多いので、希望する職場の条件に追加するにしても気にする必要はないでしょう。極端な指定をすると条件に現れませんが、自分の希望は先に伝えておくことをお勧めします。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクナビNEXT 無料 全国


TOP

葬儀屋の転職の基礎

条件別の葬儀屋求人

地域別の葬儀屋求人


Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.