葬儀屋の転職の面接

葬儀屋求人トップ >> 葬儀屋の転職の基礎 >> 葬儀屋の転職の面接

葬儀屋の転職の面接

葬儀屋へ転職する際の面接では何を気をつけたら良いと思いますか?それには明確な答えはありません。なぜなら葬儀屋は募集する人数よりも、転職希望者の方が少ないからです。つまり競争率が低く採用率の高い業界なのです。

だからと言って誰でも採用するわけではないので、服装などの身だしなみと社会的な常識が備わっていれば問題ないでしょう。身だしなみはもちろん遺族に不快感を与えないためで、それは実際に転職してから促される場合が多いのですが、面接の際もなるべくなら茶髪は控えたほうが良いかもしれません。また、女性であれば過度なメイクやアクセサリーは要注意となります。

会社の方針によって身だしなみのルールは違うので、どこまでが許容範囲なのかは確認しなければわかりませんが、身だしなみについて自分の拘りを持っていたとしても、仕事をしているときは会社の方針に沿うことができれば問題ありません。

葬儀屋の職種にもいろいろありますが、故人を病院に迎えに行くときは車を運転しなければなりません。そのために自動車免許の取得については質問されたり、お酒を飲む頻度についても聞かれる場合があります。何しろいつ葬儀になるのかはわからないので、いつも飲み歩いているような人は仕事にならないのです。

葬儀屋だから「控えめで物静かな印象をつけた方が良いのでは?」と思う人もいますが、それはあくまでも遺族の前だけでの態度なので、普段はおしゃべりで陽気な人でも良いのです。基本的には他の職業と同じように、「転職しようと思った理由」「葬儀屋を選んだ理由」について問われるくらいでしょう。

葬儀という特別な仕事内容から、人の死に対する宗教観や哲学的な考えを持つ人が好まれるような気もしますが、葬儀屋の面接ではそれらをチェックされることはありません。故人に立ち会う点で悟りのような心を持っていなければならないイメージもありますが、必要な考え方は仕事をしながら身につけていくものなので心配はないと言えます。

通夜や葬儀になると長時間動いていなければならないので、会社によっては体力的なことを尋ねられることもあるでしょう。葬儀は普通に参列するだけでも疲れます。それが仕事となると疲れたとしてものんびり座っているわけにはいかないので、健康に問題がないかどうかは確認されるかもしれません。会社によって面接のポイントも変わってくるので、コンサルタントにアドバイスしてもらうと安心できるでしょう。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.