葬儀屋の転職の志望動機

葬儀屋求人トップ >> 葬儀屋の転職の基礎 >> 葬儀屋の転職の志望動機

葬儀屋の転職の志望動機

転職の際にいちばん重要視されるのが志望動機です。それが異業種からの転職であれば尚のこと。なぜ葬儀屋になりたいと思ったのか。これは必ず聞かれる質問なので、はっきりと答えられるように準備をしておいた方が良いでしょう。「年収が高いから」「景気に影響されないから」ストレートな気持ちを答える人もいますが、業界ではそれは歓迎されません。

なぜなら葬儀屋という特別な仕事である以上、収入だけで続けられないことを知っているからです。もちろん年収が高いのは嘘ではありません。ただ、年収が高い職業は葬儀屋以外にも存在しているし、葬儀屋でなければならない理由としては弱いのです。もっと言えば葬儀屋よりも楽をしてある程度の給料をもらえる仕事は他にもあります。

一般的に葬儀屋はイメージの良い仕事ではありません。けれども必要な仕事で必ず誰でも1度はお世話になるのです。古い人の中には近所の目を気にする人もいるので、場合によっては周囲の家族から反対されることもあります。それだけ偏見を持たれる職業の1つなので、葬儀屋に転職したい志望動機は相手側に伝わらなければなりません。

「人生最後の儀式をお手伝いしたい」という気持ちで志望する人が多いですが、それだけでは興味を持ってもらうことが難しいので、「身内に不幸があり、そのときに対応してくれた葬儀会社の仕事に感動したから」など、実際の自分の体験と繋げて志望動機にした方が説得力があります。自分の心の中ではわかっていても文章として言葉にすることが苦手な場合は、転職サイトで相談してみると良いでしょう。

思っていることを表現できなければ、どんなに素晴らしい動機だとしても採用してもらえません。どんなふうに文章を組み立てれば良いのか。どんな言葉を使えば良いのか。志望動機として相応しい言い回しはどんな感じか。客観的に判断してもらうことで、聞き取りやすく伝わりやすい志望動機を完成させることができます。

また、会社によっては前職を退職した理由を問われることもあるので、こちらも答えられるようにしておいた方が良いかもしれません。「給料が少ないから」「残業が多いから」など個々に理由はあると思いますが、志望動機とも関係してくるので考えてみて下さい。志望動機を添削してもらうのに戸惑いを持つ人もいますが、コンサルタントに全面的に考えてもらうわけではなく、自分の気持ちを話してそれをまとめてもらうものと考えて下さい。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクナビNEXT 無料 全国


TOP

葬儀屋の転職の基礎

条件別の葬儀屋求人

地域別の葬儀屋求人


Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.