葬儀屋を辞めたい時

葬儀屋求人トップ >> 葬儀屋の転職の基礎 >> 葬儀屋を辞めたい時

葬儀屋を辞めたい時

熱心に指導されたとしても自分でやりがいを見つけられたとしても、1度は葬儀屋を辞めたいと思う時が訪れるかもしれません。望む給料を貰えなくて辞めたいのであれば他の職業と変わりませんが、それ以外の理由で辞めたい時があるとすれば、それは葬儀屋ならではの理由があります。

葬儀は結婚式のような晴れの儀式ではありません。自分の感情が情緒不安定であれば、悲しみの席で仕事するのは気分的にも落ち込んでしまうでしょう。そのため仕事に集中できなくて失敗すれば、辞めたい気持ちに傾くのも自然な流れと言えます。失敗を怒られたら意欲も消失するし、葬儀屋への自分の適正にも疑問が湧いてくるかもしれません。

また、葬儀屋は決して紳士的でキレイな部分だけではありません。亡くなった故人の遺体に対しては慣れるまでは辞めたくなる時もあるかもしれないし、子供や若い年齢の故人であれば仕事でも関わることがツライと感じるだろうし、それを乗り越えなければならないことに辞めたいと思ったとしても不思議ではないのです。

ただ、辞めたくなるのはこの世界だけの話しではないので、どの業界でも起こりうることだし誰にでも悩まされる時期はあります。本当に自分に合っているのだろうか。葬儀屋は辞めた方が良いのではないか。そこまで考えて辞表を提出した人や、辞めたくても経済的な事情で辞めていない人もいるでしょう。

辞めるか辞めないかは会社に迷惑をかけなければ、ある程度自分の自由に決めることはできます。当然のことながら続けるよりも辞める方が簡単です。「継続は力なり」という言葉があるように、地道に頑張ることほど大変なことはありません。それを認めてもらえるかどうか。休日や給料などの勤務条件を考慮してもらえるか。辞めたくなるかならないかも、勤務する会社の環境に左右されるところも否定はできません。

葬儀屋を辞めると聞けば「仕事内容が嫌になったからでは?」と思われることが多いのですが、仕事内容に抵抗があるのなら始めから葬儀屋には転職しないでしょう。転職する前に葬儀屋の仕事はだいたいイメージできるはずなので、仕事内容に嫌気がさしたのではなく、勤務条件もしくは職場環境などのハード面で辞めたい気持ちなるようです。

葬儀屋の仕事は他の業界と違って独特の雰囲気があります。もちろんそれも会社によって違いますが、会社の方針や体制によって仕事の幅や葬儀サービスも変わってくるので、葬儀屋の仕事というよりは転職先によりけりかもしれません。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクナビNEXT 無料 全国


TOP

葬儀屋の転職の基礎

条件別の葬儀屋求人

地域別の葬儀屋求人


Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.