葬儀屋の向き・不向き

葬儀屋求人トップ >> 葬儀屋の転職の基礎 >> 葬儀屋の向き・不向き

葬儀屋の向き・不向き

どの職業にも向き・不向きがあるように、葬儀屋の仕事にも向き・不向きがあります。遺族の気持ちを汲み取れることは条件として必要かもしれませんが、遺族に感情移入してしまって仕事が手につかないようでは大問題です。悲しみに暮れる遺族を前にして冷静かつ丁寧に仕事をしなければなりませんが、遺族の感情に引きずられてしまうようでは葬儀屋として向いているとは言えません。

それは個々の性格や価値観に関係する場合もあるのですが、感性が豊かな人ほどその傾向が強いので、芸術家のようなタイプの人は続けることが難しいでしょう。また、1つのことに執着して思いつめてしまったり、気持ちを切り替えができない人は葬儀屋の仕事に不向きです。そう言った性格や考えが悪いというわけではありません。葬儀屋はその故人1人だけの葬儀を行うわけではないので、1つ1つの現場に気持ちが沈んでしまうと仕事にならないのです。

では、どんな人が葬儀屋に向いていると思いますか?葬儀屋の仕事は繊細な部分もあり、葬儀を行う会社によってもその方針は異なりますが、人が亡くなることについて受け入れることができる人や思いやりの気持ちを持てる人です。それ以上に学歴や職歴などのステータスが求められるわけではないし、話し上手である必要はありません。

家族で運営しているような規模の小さな葬儀屋であれば、1人でいくつもの業務を担当しなければならない場合もありますが、グループ会社であれば少しずつ経験を積んでスキルを上げることができるので、初めから葬儀に関しての予備知識や経験がなくても転職することはできます。

「子育て中だと難しいのでは?」「年齢が若いとダメなのでは?」などできそうにない理由を並べたらキリがありませんが、葬儀屋によっては正社員以外の契約社員やパートでも求人募集があるため、自分が関わりたいと思っているのなら諦めなくても良いのです。

転職する前に自分で「向いていないかもしれない」と判断するのは早すぎるので、転職サイトのコンサルタントに相談してみるのも良いかもしれません。傲慢でプライドの高い内向的な人は不向きですが、医療従事者に憧れていたというような人は向いているでしょう。基本的に葬儀がいつ決まるか予測できないことがあるので、必ず決められた順番や計画通りのマニュアル対応しか望めない人は、遺族への対応や葬儀自体に向き合えないことも考えられるためやりがいを感じられないこともあります。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.