葬儀屋の転職の履歴書

葬儀屋求人トップ >> 葬儀屋の転職の基礎 >> 葬儀屋の転職の履歴書

葬儀屋の転職の履歴書

葬儀屋に転職する際、履歴書はどんなふうに書けば良いと思いますか?どの業界であっても自分の履歴を間違えなく書くことが大切なのですが、葬儀屋だからと言って特に宗教観などを記載する必要はありません。葬儀屋の仕事は宗派に合わせて行われるものなので、「うちは真言宗だから」とか「日蓮宗だから」というのは必要ないのです。

また、実家が神社・仏閣。文化施設や歴史施設に関係ある家であっても同様です。転職希望者と実家の仕事は関係ありません。志望動機として葬儀屋に興味を持ったきっかけにはなりますが、あえてそこを強調することは反対にマイナスイメージを印象づけてしまう可能性もあるため、履歴書に記載するなら触れる程度にしておきましょう。採用担当者の方から質問されて答えた方が形的にまとまります。

商社やメーカーなどの上場企業では履歴書の書類審査だけで合否が決められることもありますが、葬儀屋の場合は書類審査だけで採用が左右されることはありません。履歴書はあくまでも今までの経歴。どんな仕事をしてきたのか。どんな経験を持っているのか。自分のプロフィールを証明する書類に過ぎないので、それだけを採用基準とする葬儀屋は少ないでしょう。

だからと言って「適当に書いておいても良い」ということはなく、丁寧で簡潔な言葉が求められます。自分の志望動機や趣味・長所や短所など相手に伝わるように書くわけですが、ただ長い文章を書けば良いというわけではありません。空白を作らないように書けば見栄えは良くなりますが、何を書いているのか整理されていなければ履歴書としては役に立ちません。

履歴書は転職活動の最初の一歩。自分を売り込む道具にすることができるので、上手く活用して面接へ繋げましょう。履歴書を書くことが苦手なら、転職サイトで指導してもらうこともできます。参考例やサンプルを見ることもできるので参考にしてみて下さい。

葬儀屋へ提出する履歴書で注意することは、誤字や脱字など言葉の間違いに気遣うことです。遺族への挨拶状や礼状などの文書作成も多い葬儀屋では、ビジネス文書や言葉遣いには敏感なところがあるので、一般的にもよく間違われる「お」と「を」の違いや文章の言い回しに気をつけなければなりません。それを言い出してしまうと余計に履歴書を書く気持ちが沈んでしまいそうですが、コンサルタントは葬儀屋に適した書き方を教えてもらうことができるので心配はありません。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクナビNEXT 無料 全国


TOP

葬儀屋の転職の基礎

条件別の葬儀屋求人

地域別の葬儀屋求人


Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.