葬儀屋のやりがい

葬儀屋求人トップ >> 葬儀屋の転職の基礎 >> 葬儀屋のやりがい

葬儀屋のやりがい

他人の葬儀に関わる葬儀屋は一般的に大変なイメージを持たれがちですが、実際に働いている人はどんなところにやりがいを感じていると思いますか?葬儀屋のやりがいは何と言っても、亡くなった人の人生最後の舞台を演出できることです。どんな葬儀にするのか。故人の想いを汲み取って、遺族や参列した人の心にひとつの区切りをつけてあげられるような儀式のお手伝いをすることになります。

葬儀と一口に言っても最近はさまざまなスタイルがあり、樹木葬・音楽葬・家族葬・散骨など宗教や宗派によって流れやマナーも違います。葬儀屋は故人や遺族の気持ちに沿って葬儀を取り仕切らなければならないので、学ばなければならない知識や慣習も多いですが、その人の人生の旅立ちを見守って遺族に満足してもらえるやりがいの高い職業なのです。

多くの人は葬儀となるとどうしても身構えてしまいます。ましてや命の尽きる瞬間なんて誰にもわかりません。いつ訪れるか知れない葬儀に関して遺族に負担をかけることなく、故人と遺族のために動くことができるのは葬儀屋だけです。厳粛な雰囲気や重い空気ばかりをイメージしてしまいますが、これほど人間を成長させることのできる仕事は他にありません。

人それぞれに求めるやりがいは違いますが、他人のためにこれほど働くことのできる職業と言えば医師や看護師と比べても引けをとらないでしょう。確かに他の仕事も誰かのために行っていることに変わりはありませんが、それはあくまでも生前の話し。亡くなった故人の尊厳を守り、その意思を遺族や参列者に伝えられるのは葬儀屋にしかできない仕事です。

一部には「他人の不幸で給料を貰っている」と噂する声もありますが、葬儀屋が存在していなければ葬儀を行うことはできません。個人的にできないわけではありませんが、宗教や故人の扱いに関しては多くの専門知識が問われることになるため、大切な人を失った遺族がそれを1から調べて取り仕切ることなど不可能に近いのです。

そのため葬儀屋は社会的にもなくてはならない職業で、故人や遺族のために貢献できる素晴らしい仕事と言っても過言ではないでしょう。葬儀の中心は故人。そして遺族となるので、葬儀屋は目立って注目されることはありません。裏で遺族を支えるサポート的な立ち位置のため、世間に自分の能力をアピールするような環境ではありませんが、故人や遺族に対して心からのサービスを提供できるただ1つの職業と言えるかもしれません。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.