葬儀屋の給料・年収

葬儀屋求人トップ >> 葬儀屋の転職の基礎 >> 葬儀屋の給料・年収

葬儀屋の給料・年収

葬儀屋の年収は会社の規模にもよりますが、平均すると450万円〜650万円程度とされています。もちろん経験によっても変わってくるのですが、葬祭ディレクターの資格を持っていたり施設の支配人となると、年収700万円以上という話しも珍しくありません。

他の事務職や販売職と比べると年収が高いので、「やっぱり葬儀屋は大変なのでは?」「キツイ仕事なのでは?」とマイナスイメージを思い浮かべてしまいますが、現代社会に簡単で楽な仕事はありません。どの仕事でも大変なところはあるし苦労もつきものです。ただ、葬儀屋という職業上そう思われてしまうのも残念ながら事実です。

葬儀屋の給料が高めなのは冠婚葬祭の知識やマナーが必要とされるからで、他の仕事と比較してキツイからではありません。立ち仕事であることから体力も必要とされますが、それで言えば工事関係者の方がもっと重労働です。精神的な強さも気になるところですが、それで言えば医療従事者や消防・警察の方が問われます。

葬儀屋というだけで先入観を持たれるケースが多いのですが、あくまでもそれは世間一般の単なる印象にしか過ぎないのです。実際の職場は明るく和やかであったり、アットホームで賑やかな環境もあります。

葬儀屋の求人の中にも事務や営業。セレモニースタッフや受付などの職種によって給料は違うので、詳しい手当や勤務スタイルについても転職サイトへ問い合わせした方が早い場合もあります。年収例を目にすることもあると思いますが、年齢やスキルによっても違うので最終的な給料は求人情報だけでは断定できません。

また、20代で管理職として年収600万円以上の人も存在していて、自分の目指す職種においてキャリアアップすることで給料に反映されます。偏差値の高い大学を卒業しているからとか。まったくの異業種から転職しているからとか。何かと年収に影響するようなポイントがありますが、葬儀屋はその人の持つ人間的能力がいちばん発揮できる場所なので、故人や遺族のために頑張ることが自分の給料にも関係してくるのです。

結婚式を挙げない人はいますが、人生儀礼として葬儀をしない人は存在しないので仕事としては安定した需要があるでしょう。どこの会社に転職するかにもよりますが、病院からの指定葬儀業者であれば仕事がなくなることはないので、忙しさを伴うことはあっても安定的な給料を維持することはできるはずです。試用期間を設けているところもあるため、気になる求人は調べてもらって下さい。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.