葬儀屋の転職の自己PR

葬儀屋求人トップ >> 葬儀屋の転職の基礎 >> 葬儀屋の転職の自己PR

葬儀屋の転職の自己PR

履歴書を書くときに悩むのが自己PRです。志望動機はクリアできる人もいますが、自己PRとなると更に難しく考えてしまい結果的に多くの人が書く無難な内容になることも少なくありません。そもそも自己PRとは何でしょう。自己PRは他人に宣伝することのできる自分の良い部分。言い換えれば自慢できる箇所というわけです。

葬儀屋への転職だからと考え込んでしまいますが、葬儀屋だから特別に書いておいた方が良いというものはありません。個性を発揮できる箇所なので、自分の良さや今までの活動を伝えられたらそれで充分です。ただ、長所というものは厄介なもので自分自身では見つけられません。なぜなら自分で考えている長所が、他人にとっては短所と映る場合もあるからです。

例えばどんなにテキパキ動ける人だとしても、葬儀ではゆっくりとした動作が求められます。どんなに人と話すことが好きでも、遺族には簡単に声をかけられません。慰めの気持ちで言った言葉でも遺族の心を救うことはできなし、何を話しかけたとしても大切な人を失った悲しみを癒すことはできないのです。それなら放置しておく方が正解なのか。それも相手や会社の方針に左右されますが、悲しみは遺族自身が乗り越えなければならない問題なので、スタッフはそれを見守ることしかできません。

何を求められるのか。どんなことができれば良いのか。地方や宗教にもよるので、自分で考えて煮詰まるようなら転職サイトのカウンセリングを受けるのも1つの方法です。自分にはどんな魅力があるのか。PRした方が良いポイントはどこなのか。意外にも自分が考えていたことではないポイントを見つけてもらうことができるので、今後転職活動をする上でもとても参考になります。

葬儀屋は葬儀を取り仕切るサービス業なので、コミュニケーション能力は欠かせません。また、遺族の話しを最後まできちんと聞くことが求められ、長い話しに付き合わされることもあるでしょう。人間的な魅力を伝えられることが採用の合否に関わってくるため、自分のPR部分を探してもらって下さい。

ときどき「PRできるところは何もない」と落ち込む人がいますが、どんな人にだって長所はあります。自分でそれに気づいていないだけで、PRできる部分は多く隠されているのです。表面的なことだけを並べていると見抜かれてしまうため、自分の考えとコンサルタントの見解の整合性がとれているかどうか確認してみるのもお勧めです。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.