葬儀屋に多いストレス

葬儀屋求人トップ >> 葬儀屋の転職の基礎 >> 葬儀屋に多いストレス

葬儀屋に多いストレス

葬儀屋としての仕事は、とてもストレスが大きなものです。もちろん働き続けていればある程度は慣れてくるのですが、それだけではどうにもならない部分はあります。葬儀の現場というだけで大きな精神的ストレスにさらされるだけではなく、葬儀屋として働いていること自体のストレスもあるのです。

まず大きな問題として、24時間営業というところがあります。人が亡くなるのは時間を選んで起きるものではないため、夜中にも連絡が来ることは多いです。そのため、シフトで働く中で夜間に回されることがあり、それがストレスになってしまうのです。

定休日の決まっていない仕事は、まとまった休日が取りにくくなります。大型連休とはほとんど縁がなくなり、周囲と調節して休みを取得することになることも原因です。昼と夜のシフトが切り替わるときも、スタッフの数が少なければ体に負担のかかるシフトになりかねません。このようなことから、精神的・肉体的なストレスが大きくなります。ここまでは、葬儀屋としてのストレスというよりも、休みがあまりないことに対する問題です。それでは葬儀屋の仕事としてのストレスには、どのようなものがあるのでしょうか。

遺体に触れることは、最初の内はとても大きな衝撃を受けるものです。しばらく続けていくと慣れてくるのですが、新人として働き始めた人の多くは、ここで挫折してしまうこともあります。そのため、職能適正があるのかどうかによって、長続きするのかどうかに大きく影響してきます。

葬儀は遺族にとって重要なものであり、失敗は許されません。それだけに葬儀を行なっている間は、大きなストレスにさらされます。そして何よりも大変なのが、お金の話です。葬儀屋という仕事は、誰かが亡くなることで仕事を得る仕組みになっています。そのことで、いざ料金の話になると遺族の方からきつい言葉を浴びせられることがあります。そのことが大きなストレスになってしまっている人は多いのです。

葬儀の仕事は、とてもデリケートです。葬儀自体だけではなく、遺族の方とのコミュニケーションもむずかしい場合があります。ある程度経験を積めば割り切ることもできますが、それができるのかどうかで長続きするのかが変わってくるので、これから葬儀屋として働きたいという人は、そのストレスに対してどう付き合っていくのかをよく考えていきましょう。どんな仕事にもストレスの原因になるものはあります。それがどういうものなのかを知り、どう解消していくのかが重要です。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.