葬儀屋の離職率

葬儀屋求人トップ >> 葬儀屋の転職の基礎 >> 葬儀屋の離職率

葬儀屋の離職率

メディアの影響もあり葬儀屋を目指す人は昔より多いですが、実際の離職率はどう動いていると思いますか?厳密な調査がされたわけではありませんが、葬儀屋の離職率は以前と比べてもそれほど大きな変わりはありません。「やっぱり自分は葬儀屋を極めたい」と思う人もいれば、「自分には合わなかった」として辞める人も存在しています。

ではなぜ離職率が取りざたされるのでしょうか?それは葬儀屋のイメージから勝手に推測されているのです。「葬儀屋を辞めた」と聞けば、話しを聞いた方は理由はどうであれ「やっぱり葬儀屋だから大変なんだ」と受け取ってしまいます。それが全体的な雰囲気を作っている1つの要因ですが、葬儀屋=全ての会社で離職率が高いわけではありません。

会社の中には利益を優先しているところもあるし、スタッフの人数が多いところもあります。給料が高いところもあれば、休みをとれないところもあります。働く環境によって辞めたいか頑張るか決まってくるため、葬儀屋を1つにまとめて離職率が高いと指摘しているのは間違っているのです。口コミや噂はどうしても悪い評判が先に駆け巡るものなので、惑わされないように自分で確かめることが大切です。

確かに葬儀が入れば忙しくなるし仕事に追われます。会社によっては夜中に電話がかかってくるところもあるでしょう。宿直待機のシフトが多いところは離職率も高いですが、それも会社によって頻度は違います。宿直を外部に委託しているところもあるし、夜勤のない雇用形態で求人が募集されている場合もあるのです。

勤務条件が良い会社であれば離職する必要はありません。それは葬儀屋でなくても他の職業でも同じです。葬儀屋の仕事や環境も転職する会社が変わればまったく違います。優良な会社へ転職すること。自分に合った職場へ変わること。それが葬儀屋を続けるための条件ですが、どこの会社が良いのかは検討してみなければわかりません。

そこで活用して欲しいのが転職サイトなのです。どの会社が合っているのか。希望している会社の方針や体制も教えてもらうことができるので、じっくり考えることができるのです。最初から離職率の低い会社を指定して紹介してもらうこともできるので、慎重に考えて問題ありません。もちろん優良かどうかは人によって感じ方も違いますが、離職率の低さは多くの人にとって働きやすい環境であることを証明しているので転職先の候補を選ぶ材料となるでしょう。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクナビNEXT 無料 全国


TOP

葬儀屋の転職の基礎

条件別の葬儀屋求人

地域別の葬儀屋求人


Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.