葬儀屋の募集時期

葬儀屋求人トップ >> 葬儀屋の転職の基礎 >> 葬儀屋の募集時期

葬儀屋の募集時期

葬儀屋の求人は、いったいどの時期が狙い目なのか。これは特に大きな傾向がないので、読みにくいものです。分かりやすい繁忙期のある業界だと、その時期の前に募集の多くなるタイミングがあります。しかし葬儀屋の場合、極端な言い方になりますが人が亡くなったときが需要の発生するタイミングなので、あえて言うならば寒い時期や春先には雇用の需要が高まりやすい傾向にあります。

新卒で入社した人が、自分に向いていなかったからと辞めてしまえば、雇用の需要は生まれます。だけどそれがどれくらいのタイミングになるのかは予想がつきません。初めて遺体を見たときに駄目だと感じる人もいますが、それがどれだけの人数になるのかという問題もあります。 実際に求人情報を探してみると、葬儀屋の仕事自体は見つかるのですが、雇用形態もバラバラです。正社員や契約社員という形だけではなく、アルバイトでの募集や派遣での募集もあります。また求人情報が出ていないように見えて、実際は縁故採用をしているところもあるのです。

葬儀屋の求人は、そんなに数はありません。それはなぜかというと、葬式がなければ仕事がなく、その間に払う給料が無駄になってしまうからです。忙しいときとそうではないときの落差が激しいため、安定して仕事のない葬儀屋の場合は正社員として人を雇うことが少なくなります。 そこで多くなるのが、登録制の派遣社員です。実際に派遣社員として働いてから、その働きぶりが認められて正社員になるというケースが多く、これは地方の葬儀屋であるほど傾向が強くなります。

高齢化社会になり介護の需要は増しています。そしてそれにともなって、葬儀屋の仕事も需要が増えているのは確かです。しかしそれを見越して葬儀屋自体が増えているため、業界全体としては増えているようでも、競争によって1社単位で見ると大きく仕事が増えているとは言えない状況なのです。 葬儀屋の需要自体は、寒い時期になると増えてきます。そのため雇用自体も増えるのですが、それがどのような採用形態になるのかは、その葬儀屋によって変わってきます。最初からしっかりと雇ってほしいという人にとって厳しいかもしれませんが、派遣などからスタートしてそこから正社員として採用されることを狙うのも一つの方法です。

地域によってばらつきのある葬儀屋の雇用ですが、実際には自分が知ることのできていないだけというケースもあります。雇用の多くなる寒い時期には、アルバイトやパートなどの雇用が見つかることは多いので、そこから正社員としての直接採用を狙って就職活動をしてみましょう。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.