20代の葬儀屋求人

葬儀屋求人トップ >> 条件別の葬儀屋求人 >> 20代の葬儀屋求人

20代の葬儀屋求人

俳優の本木雅弘さんが主演し2008年に上映された映画「おくりびと」を見て、葬儀屋の仕事に興味を持った20代の方も多いはずです。この映画は実は本木雅弘さんが作家の青木新門さんが書いた「納棺夫日記」を読んで感銘を受け、本木雅弘さん自身が青木新門さんの自宅を訪れ映画化の許可を得たものの、脚本を見た青木新門さんが映画の舞台が本とは異なる山形になっていたことや、青木新門さんの宗教観などが反映されていないことことや、映画の結末が「納棺夫日記」とは違うことなどが理由で結局、青木新門さんから映画化を拒否された経緯があります。

その後もし映画化するのであれば全く別の作品としてやって欲しいと青木新門さんに言われ、映画のタイトルを「おくりびと」として全く別の作品として映画化されました。「おくりびと」は映画館で上映される前に漫画家のさそうあきらさんが、小学館の「ビッグコミックスペリオール」で漫画として掲載しました。映画「おくりびと」は興行収入64.6億円を売り上げ第81回アカデミー賞の外国語映画賞や、第32回日本アカデミー賞の最優秀作品賞などを受賞しました。

本木雅弘さんが「おくりびと」で演じたのは遺体をドライアイスなどで冷やしたり、経帷子に着替えさせたり遺体の顔剃りを行ったり化粧を施す納棺師の役でした。納棺師は主に葬儀屋からの依頼で遺体が腐敗しないように内臓や体全体を冷やしたり、自殺や事故などの変死体の場合は遺族の方々が遺体の顔の損傷にショックを受けないように処置を施します。葬儀屋の仕事も病院の死体安置所に待機し病院で患者さんが亡くなると、遺族の方がまだ葬儀屋を決めていない場合には遺体を病院から自宅へ連れて帰り、遺体の体を清めてたり白装束を着せたりします。

そして遺族の方と葬儀の打ち合わせなどや、葬儀では来られた方々にお茶やお絞りを配ったりします。葬儀屋の仕事はいつ人が亡くなるか分からないので当直夜勤があるのが普通で、遺体を自宅へ連れて帰える際にもどんなに重たくても遺族の前で棺を揺らすこともできません。休みの時でも交代で会社の携帯電話を持たされ、夜でも担当の遺族の方から電話があることもあります。それでも亡くなった方を天国まで家族の方と一緒に、送る気持ちがあれば遣り甲斐がある仕事でもあります。

もし20代の葬儀屋の求人に興味がある方はこのサイトに掲載されている、リクナビNEXTやマイナビエージェントなどの転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクナビNEXT 無料 全国


TOP

葬儀屋の転職の基礎

条件別の葬儀屋求人

地域別の葬儀屋求人


Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.