30代の葬儀屋求人

葬儀屋求人トップ >> 条件別の葬儀屋求人 >> 30代の葬儀屋求人

30代の葬儀屋求人

戦後の日本の経済成長を支えてきた終身雇用や、年功序列などの雇用制度が大きく揺らいでいます。急速に進む少子高齢化や経済のグローバル化で、40代や50代を対象としたリストラの嵐が日本の企業で吹き荒れました。総務省が2013年9月15日に発表した統計で65歳以上の高齢者の人口は約3186万人となり、日本の人口の4人に1人が高齢者であることが判明しました。多くの企業が少子高齢化で国内の市場が縮小し、海外へ新たな市場を求めて進出するなか葬儀ビジネスの市場だけは拡大を続けています。

矢野経済研究所の調べでは葬儀ビジネスの市場は2010年から売り上げを伸ばしていて、2015年までの5年間で8%も成長する将来性がある業種です。国立社会保障・人口問題研究所では日本では2040年までは、死亡者の数は年々増え続けると予測しています。少子高齢化で他の業種が市場が縮小しているのと対照的に、葬儀ビジネスだけは確実に市場が拡大しています。さらに2007年に起きたサブプライム問題は当初はアメリカの、住宅ローン市場だけの問題でしたがその後は、日本も含めた世界の金融危機へと拡大しました。

さらに2008年9月15日にアメリカ第4位のリーマン・ブラザーズが破綻し、同年9月21日にはアメリカの5大投資銀行のうち上位の2行が商業銀行化し下位の3行が破綻や買収されたリーマンショックは、日本でも株価が暴落し急激な円高傾向となり最高利益を記録していた多くの企業の業績が悪化しました。そのため就職活動では売り手市場だった学生の内定が取り消され、再び就職氷河期が到来したと新聞やテレビで報道されました。

葬儀ビジネスは世界経済の影響を受けることも少なく、今後も市場が拡大することは間違いありません。30代での転職は業種や職種が前職と同じ場合が多いのですが、葬儀屋の中途採用に応募し採用される方の場合は異業種や、異なった職種からの転職者も少なくありません。30代での転職の場合は転職先の業種が、成長産業かどうかを見極めることはとても大事なポイントです。せっかく転職してもその業界の市場が縮小すれば、将来に会社が倒産したりリストラされたりする可能性があるからです。

30代の葬儀屋の求人を探されている方はこのサイトに掲載されているリクナビNEXTや、マイナビエージェントなどの転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者が大手の葬儀屋の求人の紹介や、その葬儀屋の将来性や経営状態なども教えてくれます。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクナビNEXT 無料 全国


TOP

葬儀屋の転職の基礎

条件別の葬儀屋求人

地域別の葬儀屋求人


Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.