40代の葬儀屋求人

葬儀屋求人トップ >> 条件別の葬儀屋求人 >> 40代の葬儀屋求人

40代の葬儀屋求人

40代の転職事情ですが国内の少子高齢化や経済のグローバル化で、リストラの対象になっていたのは以前は50代が中心でしたが、50代の方のリストラが落ち着くと次のターゲットは40代の世代だと、多くの企業の人事担当者が証言しています。これは40代だと部長や役員になれる可能性がなければ、会社のお荷物になると考えられているからです。40代や50代の方々は日本の独自の終身雇用や年功序列などの恩恵を受けている世代で、会社から見れば20代や30代の若い世代と比べると給与が割高でコストパフォーマンスが悪いからです。

そのためリストラの勧告を受けて転職を余儀なくされる前に、求人先の企業が40代にどのような能力やスキルを求めいるかを知ることが大事です。他の業種でも同じですが葬儀屋が40代の方に期待するのは、新入社員とは違っていちいち指図しなくても自分で率先して仕事を行うことです。さらに若い社員のマネージメント力が不可欠で、経験がまだ浅い若い世代を時には厳しく指導したり、時には先輩や上司して若い社員の悩みや相談相手になる必要があります。

全国には約6500社の葬儀屋がありますが冠婚葬祭互助会と、葬儀専門の業者がそれぞれシェアの40%を占めています。残りの20%をJA系や鉄道系や大手流通業のイオングループや、生協などの新規参入業者がシェアを分け合っています。新規参入業者の中でもシェアを伸ばしているのが豊富な資金を持つJA系で、次々に葬儀会館を建設し年々10%を越す成長を見せています。鉄道系も1995年に阪急電鉄が阪急メディアックスを設立し葬儀ビジネスの市場に参入したのをはじめ、その後も京急メモリアルや東武セレモニーなど鉄道系がこの業界に参入しています。

イオングループも2009年に葬儀ビジネスに参入し、確実に業績を伸ばしています。これらの新規参入業者では他業種からの優秀な人材を求めていてこのサイトに掲載されている、リクルートエージェントやマイナビエージェントなどの転職エージェントでも、非公開ですが40代の方でも応募できる葬儀屋の求人があります。非公開の案件は店長職など管理職の求人が多く、経験豊富な40代の方であれば転職で年収アップも十分に狙えます。

40代であれば家族もいて子供も中学や、高校生の場合も多く1番お金が掛かる世代です。そのため安易に離職せずに在職中に、転職エージェントに登録し転職活動を行うべきです。40代での転職の成否は転職エージェント次第、と言っても過言ではありません。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.