60代の葬儀屋求人

葬儀屋求人トップ >> 条件別の葬儀屋求人 >> 60代の葬儀屋求人

60代の葬儀屋求人

2013年度から本人が希望すれば誰でも、65歳までの就労が可能になりました。政府は年金の支給開始の年齢の引き上げに伴って、年金の受給ができない期間をなくす目的もあると見られます。厚生労働省が過去に行った結果では定年になった約43.5万人のうち、75.4%の方が再雇用契約を希望しています。4人のうち3人の方がもっと働きたいと願っていても実際に継続して働けるのは全体の47.9%で、大企業に関しては23.8%とさらに少くない実態が浮かび上がっていました。

政府では年金の支給開始の年齢の引き上げに備えて2006年に高齢者雇用安定法を改正し、定年年齢の引き上げ・継続雇用制度の導入・定年制廃止の3つの中からどれかを選択するように企業に義務付けていました。しかし殆どの企業では定年延長や定年制廃止を選択せずに全体の約80%の企業が、定年で退職させ再び再雇用契約を行う継続雇用制度を導入していました。ただこの制度では企業が社員の選別をできるため、実際に働けるのは全体の半数程度しかいませんでした。

当初この案に対しては経済界でも若者の就労の、チャンスを奪うことになると強い反発が起きていました。確かに当時の若者の就職状況には厳しいものがありましたが2012年末に行われた総選挙で自民党が大勝し、その後の経済政策で景気回復の兆しが見え始めると反対していた経済界からの危惧もなくなりました。日本では総務省が2014年4月15日に発表した、推計人口では4人に1人が65歳以上の高齢者です。つまり経済界がどんなに危惧しても、日本の将来は高齢の労働者に頼らざるを得ません

このサイトに掲載されているリクナビNEXTやマイナビエージェントなどの、転職エージェントの求人にも年齢不問と記載された葬儀屋の案件を目にします。葬儀屋の場合は他の業種と比べて、60代の方々が活躍できる場がたくさんあります。若い世代と違って60代の方には豊富な人生経験があり、家族を亡くされた遺族の悲しみを受け止めるだけの器量が備わっています。そのため遺族の方々も60代の方が、担当者であれば安心感もあります。ただ若い世代のように夜勤や力仕事などあまり無理は利きません。

そのため60代の葬儀屋の求人に興味がある方はこのサイトに掲載されている転職エージェントに登録して、転職エージェントの担当者に相談してみてはいかがでしょうか。担当者が60代の方でも無理なく働けるような、葬儀屋の求人の紹介を行ってくれます。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクナビNEXT 無料 全国


TOP

葬儀屋の転職の基礎

条件別の葬儀屋求人

地域別の葬儀屋求人


Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.