ドライバーの葬儀屋求人

葬儀屋求人トップ >> 条件別の葬儀屋求人 >> ドライバーの葬儀屋求人

ドライバーの葬儀屋求人

葬儀屋の求人の中には、ドライバーを募集しているものもあります。これはいわゆる霊柩車の運転手を探しているというものです。葬儀屋で働いている人は、色々な仕事を掛け持ちしているようなことも多いのですが、このようにドライバーを専門で募集しているケースもあります。

ドライバーとしての仕事だと、行なうのは運転手としての仕事だけではありません。ストレッチャーを使って遺体を霊柩車へ乗せるため、遺体へ触れることがあります。そこに抵抗がある人の場合、この仕事には向いていないかもしれません。また人一人を運ぶことになるので、なかなかの力仕事にもなります。つまり葬儀屋のドライバーとは、運送業のような仕事とも言えます。

この仕事では、主に病院から自宅、自宅から葬儀館というルートで遺体を運ぶことになります。ちなみに大きな葬儀屋なら事業用自動車である緑ナンバーを取得できますが、小さな葬儀屋の場合は出ないことがあります。そのため、霊柩車の業務を専門的に行なっている会社があり、そこへ依頼することになります。

葬儀屋として働きたいのか、それともドライバーとしての仕事をしたいのか。これによって就職をする会社が変わることもあるので、注意してください。霊柩車業務を専門としている会社であれば、それ以外の業務をすることはありません。しかし葬儀屋に就職をした場合は、霊柩車の業務もするという形になることが多いのです。

葬儀屋のドライバーは、時間を問わず働く必要があります。人が亡くなるタイミングは、時間を選ばないからです。昼のシフトと夜のシフトがあり、働く日によって昼夜が逆転することもあるので、体力が求められます。

仕事量についてはどうなのかということになりますが、これは波があります。忙しくないときもありますが、一日に複数の葬儀が重なることもあるので、そうなると大変です。葬儀屋の場合は友引の日に仕事が少なくなって楽になるケースもありますが、ドライバーの場合はそうなりません。葬式自体はなくても、遺体を運ぶための霊柩車は、要請があればすぐに動かなければならないからです。

待遇面については葬儀屋によって大きな違いもあるので、事前にしっかり確認するようにしてください。求人自体は意外と多く感じられるくらいですが、その中から自分にとって働きたいと思える環境を選べるようにしましょう。ドライバーの仕事は大変ですが、その大変な仕事の中で長続きできるようにできるのかは自分次第です。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.