英語力が活きる葬儀屋求人

葬儀屋求人トップ >> 条件別の葬儀屋求人 >> 英語力が活きる葬儀屋求人

英語力が活きる葬儀屋求人

英語力と葬儀屋と何の関係があるのかと、思われる方も多いかもしれません。実は日本で外国人の方が不幸にも亡くなられた場合は関係者は大使館や、領事館に連絡し必要書類の手続きを行う必要があります。さらに日本にご家族が住んでいない場合はその方の母国まで連絡して、ご遺体として母国まで搬送するか日本で荼毘に付し、骨として持ち帰って頂くか選択していただきます。ただご遺体として母国に搬送する場合は多額の費用がかかるため、殆どのご家族が骨にしたうえで持ち帰ることを希望されます。

ご遺体として母国まで搬送する場合は飛行機などの輸送費や、エンバーミングの処置が必要なこともあるからです。エンバーミングとは英語の「embalming」のことで、日本語では「死体防腐処理」や「遺体衛生保全」と訳されています。アメリカやヨーロッパの多くの国では土葬が一般的で、エンバーミング処置を施すことで感染症を防ぐ目的もあります。またエンバーミングはご遺体を長期間に渡って保存するために、必要に応じて消毒だけでなく保存処理なども行います。

大使館や領事館での手続きですがご家族が日本に住んでいる場合でも、母国語だけでなく日本語で必要書類を記入しないといけません。さらに日本語が全くできない外国の方であれば大使館や領事館での手続きのみならず、さまざまな手続きの処理が困難で翻訳や通訳ができる方を雇うしかありません。そのため英語が通じる葬儀屋を大使館や、領事館のほうで紹介してくれたり役所などで紹介してくれたりします。

地方都市の葬儀屋の場合は外国人の方が亡くなられるケースは稀かもしれませんが、東京など大勢の外国人の方が住んでいる都市部では葬儀屋でも英語力の需要があるのです。英語力が活きる葬儀屋の求人を探されるのであればこのサイトに掲載されているリクルートエージェントや、マイナビエージェントなどの転職エージェントに登録して探されることをお勧めします。転職エージェントの担当者が葬儀屋の求人の紹介だけでなく、仕事の詳細から面接対策まで全て無料で行ってくれます。

英語力が活かせる葬儀屋の求人などあまり多くありませんが、これらの転職エージェントに登録して気軽に担当者にご相談されてみてください。葬儀屋でなくても英語力が活かせる求人であればリクルートエージェントなどの、このサイトの転職エージェントに多数あるので求人が多い今の時期は転職の大きなチャンスです。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.