管理職採用の葬儀屋求人

葬儀屋求人トップ >> 条件別の葬儀屋求人 >> 管理職採用の葬儀屋求人

管理職採用の葬儀屋求人

40代前後の方で葬儀屋業界へ転職を考えているケースでは、一般社員ではなくてむしろ管理職採用を目指すと良いかもしれません。基本的に葬儀会社の仕事には、依頼を集める営業職と葬儀を代行する現場職、それに事前準備や各手配等を行う事務職があります。中高年の方が現場で活躍するケースは決して少なくないのですが、新人として転職をするならば活動力が条件となるのは当然の事です。ですから、それなりの覚悟と体力をもって臨む必要があるかもしれません。

そこでもう一つのルートとして、管理職を目指すという方法もあるでしょう。基本的に40代あたりの方々は日本独自の年功序列制度の恩恵から、20代や30代の若い人々と比べると給与が割高になるので、会社としてもコストパフォーマンスの面で敬遠するものです。その点管理職として採用するならば、それなりのメリットが会社側にも出てくるというものです。

これは葬儀会社でも同様の事が言えます。葬儀業界は今拡大傾向にありますから、新規の支店も増設している最中です。そこで各支店・部署を任せる中間管理職のニーズが発生しているのは確かです。会社運営の観点で部署をまとめ上げ、成長するためのノウハウを持っている方は強みになるのです。また成長産業の職場では、得てして若い社員へのマネージメントが不足している場合があります。ベテラン社員と経験が浅い社員の間に入り、時には厳しく指導したり、悩みや相談に乗ったりしてチームワークを育むポジションとして、40代あたりの人徳が役に立つ事でしょう。

現在、日本全国には大小合わせて6000社以上も葬儀屋があります。その多くが互助会と葬儀専門業者となっていて、これらが事業拡大を進めているところです。またJA系や鉄道系や大手流通業のイオンや生協なども新規参入していますので、今後さらに地域拡散・分散の流れが強まる事でしょう。これらの企業は早々に人材確保に力を入れて、着々と勢力の拡大に勤しんでいる事はよく知られている事です。また非公開の求人もたいへんに多く、一般の方がチェックしていない部分で募集が進んでいる事も知っておきましょう。

つまり40代の方でも応募できる葬儀会社はたくさんあるのです。また非公開の求人には店長職・管理職の募集が多いのも事実です。ですから、管理職で葬儀屋さんへ転職を希望なさる方は、公に後悔されている求人情報はもとより、それ以外の情報ソースもしっかりとチェックをしていく様におススメします。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.