中高年向けの葬儀屋求人

葬儀屋求人トップ >> 条件別の葬儀屋求人 >> 中高年向けの葬儀屋求人

中高年向けの葬儀屋求人

葬儀屋の中高年向け求人にもさまざまな勤務条件や環境はありますが、他の業界とは違って採用の門戸は広い職業です。ただ、どうしてもイメージ的に難しいところがあるので、若い人ではなくて中高年の層に向けて求人を募集しているところもあるかもしれません。日本人の中には葬儀=不幸事となっています。もし仮に自分の伴侶となる相手が葬儀屋だった場合、結婚や出産の祝い事では葬儀屋であることをよく思われないケースもあります。

亡くなった方の葬儀をお手伝いする立派な仕事には違いありませんが、自分の身内となる人が葬儀屋である場合は隠しておきたいと考えてしまうのもよくある話です。葬儀屋になるには家族の理解が必要であったり、憧れや幻想だけではない本人の意思が影響したりと転職する前に断念せざるを得ない人も存在しているため、結果的に見ると中高年の求人が多いように感じられるのかもしれません。

体力的に辛い仕事という印象を持つ人も多いかもしれませんが、会社によっては40代以上になると営業や湯灌などの職務ではなく、事務中心の裏方に徹する体制をとっているところもあります。これはどこの業界でも共通している部分ですが、若い世代や新人スタッフには表に出て仕事を覚えてもらわなければならないので葬儀屋だけが大変なわけではありません。例えば看護師や保育士でも一人前になるまでは厳しい指導を受けて、実務経験を積まなければ業務はこなせないのです。

どんな仕事でも始めはあります。有名なスポーツ選手も生まれたときから万能だったわけではないのですから。高収入を希望して葬儀屋を目指す人の中には中高年も多く、「若いスタッフに混じって仕事できないのでは?」と心配をしてしまう人もいますが、中高年だから葬儀屋の仕事に慣れるまで時間がかかるということもありません。葬儀屋業界がそう考える傾向にはないから、中高年向けの求人でも募集がかけられるのでしょう。

若い世代へ期待する仕事と中高年を募集したい理由もそれぞれなので、不安を解消するためにはコンサルタントから会社の様子などを教えてもらって下さい。中高年を募集していると即戦力を求めているのではないかと誤解されてしまいますが、どこの会社も研修制度や試用期間などを設けて対応しているため、始めからひとつひとつ勉強していけば良いのです。転職すると自分に続けられるかどうか自信がないと考えてしまいがちですが、転職サイトでは入職後の相談にも対応してもらえるので気軽に相談することができます。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクナビNEXT 無料 全国


TOP

葬儀屋の転職の基礎

条件別の葬儀屋求人

地域別の葬儀屋求人


Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.