当直なしの葬儀屋求人

葬儀屋求人トップ >> 条件別の葬儀屋求人 >> 当直なしの葬儀屋求人

当直なしの葬儀屋求人

葬儀屋の仕事には当直があります。主に電話連絡や遺族への対応をすることになりますが、当直があるかないかは勤務する会社のシフトや雇用形態によって違います。一般的には男性スタッフが当直をするわけですが、当直自体を外部へ委託しているところもあります。

当直は故人と二人だけになるわけではありません。通夜になれば遺族が故人のそばにいるので担当者が故人と二人になることはないのです。また、当直ではなく自宅待機制を取り入れている会社もあるので、葬儀屋に転職したからと言って必ず当直があるわけではありません。

いつ葬儀の依頼が入るかわからないので病院と同じように24時間当番制になっているわけですが、葬儀の入らない当直ではテレビを見たり読書をしたり、基本的には自由な時間を過ごすことになります。葬儀になれば病院や役所・遺族の家などに足を運ぶことになるので慌ただしさはありますが、それ以外はのんびりとしています。

そうは言ってもできるだけ当直を避けたいのはみんな同じ。そこで葬儀屋を希望する際は、転職サイトのコンサルタントに当直なしの条件で交渉してもらうと良いでしょう。体力的なことや家庭の事情で当直することができないのは致し方ありません。当直すれば当直手当をつけてもらえますが、当直手当は看護師よりも高くはないのです。

「自分だけ当直しないのは肩身が狭いのでは?」と心配する人もいますが、当直しなければその分だけ手当はつかないのでそれは問題にはなりません。自宅待機制を取り入れている会社でもシフトを組んでいるため、どのくらいの頻度で順番が回ってくるのかは確かめておいた方が良いでしょう。当直しなくても頻繁に順番が回ってくるのなら、ある意味拘束されている時間は当直よりも多いかもしれません。

故人を病院から搬送する当番は自宅待機。会社に当直する当番とは違うところもあり、勤務体制は会社によってさまざまです。当直なしの求人は多いですが、当直なしであれば通常の業務はどのようにしているのか。電話連絡が社長のところにだけ入るところもあれば、自宅待機の当番に入るところもあります。葬儀屋の勤務スタイルは独特なので、納得できるまでよく聞いておきましょう。

自宅待機の場合でも待機手当がつくところと手当の存在しない会社もあるので、勤務条件の詳細は確認しておいて下さい。当直のない会社が優良企業というわけではありません。当直がなければないなりの業務はありますが、どのような感じなのかはしっかりとした確認が必要です。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.