夜勤なしの葬儀屋求人

葬儀屋求人トップ >> 条件別の葬儀屋求人 >> 夜勤なしの葬儀屋求人

夜勤なしの葬儀屋求人

当直と同じくらい気になるのが葬儀屋の夜勤です。当直=夜勤としている会社もありますが、当直をしないで夜中に帰宅する勤務もあります。つまり看護師の準夜勤と同じです。普段は夜勤がなくても通夜や葬儀の前日に夜勤がある場合もあるし、葬儀当日の後片付けで夜勤となることもあるでしょう。

いつ葬儀になるのかは火葬場やお寺との兼ね合いもあるため、場合によっては通夜の翌々日となることもあります。また、友引の日は葬儀にはなりませんが、葬儀にならないためにそれ以外の日が忙しくなります。

通夜は遺族が見守るケースがほとんどですが、遺族以外の弔問客も訪れます。葬儀に参列することができない人。遺族以外の親しい友人。葬儀の打ち合わせをする身内など、多くの人が出入りすることになるのです。そうなると飲み物やお菓子の準備。弔問客に対応している遺族のサポートなど業務も増えるため、夜勤を取り入れている会社もあるのです。

通常の夜勤は電話対応だけですが、通夜や葬儀になると人手が必要になるため女性スタッフが出勤になることもあります。一般的には遺族以外に通夜の席で長居をする弔問客はいないので、通夜が終われば当直と交代する場合もあるかもしれません。勤務体制のシフトがどのようになっているのかはさまざまですが、夜勤なしの葬儀屋求人も存在しています。

夜勤なし。つまり日勤のみで働くことになるため葬儀・告別式の業務に当たるわけですが、求人募集には夜勤の有無は記載されていない場合がほとんどです。葬儀屋の求人情報には当直としての条件しか紹介されていないところも多く、夜勤や日勤のシフトについては要相談とされているかもしれません。

夜勤なしの募集であれば司会や営業などの職種で求人が存在していて、葬儀屋であっても日勤のみで働くことができるでしょう。セレモニースタッフの場合は夜勤がある場合が多いですが、葬儀の無料相談や社内SEであれば夜勤のないところがほとんどです。

夜勤なしを売り物にしている葬儀屋は少ないので、転職サイトで探してもらって下さい。夜勤の時間帯にもよりますが多くの葬儀屋では夜勤よりも当直という言葉を使います。そのために夜勤なしでは求人を見つけられないかもしれないので、コンサルタントに問い合わせした方が見つかりやすいでしょう。遺族用の宿泊部屋がない施設は夜勤はありませんが、電話当番や自宅待機の回数が多いところもあるので合わせて聞いておいて下さい。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクナビNEXT 無料 全国


TOP

葬儀屋の転職の基礎

条件別の葬儀屋求人

地域別の葬儀屋求人


Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.