残業が少ないの葬儀屋求人

葬儀屋求人トップ >> 条件別の葬儀屋求人 >> 残業が少ないの葬儀屋求人

残業が少ないの葬儀屋求人

葬儀屋には残業はつきものなので残業の少ない求人は存在していないように感じられますが、転職サイトでは残業する平均回数や時間が記載されているのでそれを参考にするのも良いでしょう。ただ、公開されている求人の中に勤務時間しか記載されていない場合もあります。もちろんこれは残業がないことを前提として載せられているわけですが、葬儀屋の常識として残業が100%ないとは言い切れません。

残業が少ないからわざわざ書いていないという理由もありますが、どの程度の時間をもって少ないのかは人によって違います。1週間の平均残業時間が5時間だとして、それを多いと感じる人もいれば少ないと感じる人もいます。実際にどのくらい残業しているのかはわからないし、どういう基準で残業手当が付けられるのかは会社によって変わってくるのです。

もっと言ってしまえば残業手当が存在しているところもあれば、サービス残業になっているところもあります。誰だって残業は避けたいに決まっていますが、周囲が仕事をしているのに自分だけが先に帰ることはできません。これは日本人特有の性質なので、後ろめたい罪悪感を持たなくて済むように最初から残業の少ない会社を選んだ方が正解と言えるでしょう。

残業の少ない会社を希望したいという気持ちを伝えるのも引け目を感じてしまうかもしれませんが、コンサルタントには遠慮する必要はありません。ここで意味もなく体裁を繕ってしまっても、働きたい意欲が失われてしまうなら転職に成功したとは言えないのです。残業が少ない会社を希望したとしても、それは恥ずかしいことではありません。はっきりと希望を言えなくて後悔することの方が残念な結果となります。

通夜や葬儀の進行の流れによって勤務時間が変動するところもあるため、どこからが残業時間となるのかもさまざまですが、勤務時間についての詳細が記載されていない求人の場合は問い合わせをしておきましょう。一定の残業時間を越えなければ手当が付かない場合もあるし、残業時間が少ないからと言ってそれがメリットとなるかどうかは別問題です。

会社によっては「残業している人が偉い」「残業しなければダメだ」という偏見を持っている人も存在しているので、転職後に気づいてからトラブルを生まないためにも、興味のある会社の勤務時間・残業時間など体制に関わることは聞き忘れないように注意して下さい。少ないかどうかは個人の考えや価値観によって変わるので、自分でも確認しておいた方が良いかもしれません。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクナビNEXT 無料 全国


TOP

葬儀屋の転職の基礎

条件別の葬儀屋求人

地域別の葬儀屋求人


Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.