ペット関係の葬儀屋求人

葬儀屋求人トップ >> 条件別の葬儀屋求人 >> ペット関係の葬儀屋求人

ペット関係の葬儀屋求人

矢野経済研究所が2013年10月〜2014年2月に国内の、ペットビジネスの調査を行い公表しています。それによると2013年度のペット関連の市場規模は、2012年度と比べると7%の増加で1兆4233億円でした。ペット関連のビジネスで最も大きな割合を占めているのがペットフードや、ペット用品で2012年度の市場規模は6920億円でした。この他にもペット関連のビジネスとしては犬や猫を中心としたペットの販売やペット美容室や、ペットホテル・ペット病院・ペット保険・ペット葬儀などさまざまなサービスがあります。

犬や猫なども自宅の庭で飼うのではなくマンションなどで飼う人が増え、室内用のトイレ商品やペットの健康管理のためのヘルスケア用品の需要が拡大しています。また人間と同様にペットの高齢化が進み、高齢化したペット向けの新たなビジネスの登場にも注目が集まっています。さらに高齢者のペット購入が増えペットショップやお店に足を運ぶことなく、ペットフードやペット用品をインターネットの通販で購入する方も増えています。高齢者の方々にとっては重たいペットフードを買いにわざわざ店頭まで足を運ぶことは大変なことで、インターネット通販の利用は今後もさらに拡大していくと考えられます。

ペット保険も提携している動物病院数が4000以上のアニコムが有名ですが、ペット関係の葬儀屋もここ最近のペットブームで市場規模は250億円を超えています。ペットは一般的に火葬してその後に埋骨か、納骨しますが飼い主に返骨するケースもあります。火葬方法も合同火葬や個別火葬や、立会火葬や訪問火葬など選べます。合同火葬とは他のペットと一緒に火葬され、料金も最も安いのですが飼い主に返骨することはできません。個別火葬とは自分が飼っていたペットの遺体を、葬儀屋に預け埋骨・納骨・返骨かを選びます。

立会火葬と立会の上で火葬を行い訪問火葬とは、自宅の庭や近所の空き地で火葬をしてくれます。供養方法もいくつかあり自宅で供養する場合にはペット専用の祭壇に遺骨を置き供養しますが、初7日や49日になったらペット専用の霊園などの納骨堂で供養する飼い主もいます。ペット専用の霊園では1年に何回か、合同法要日があり飼い主も参加することができます。ペット関係の葬儀屋の求人に興味がある方はこのサイトに掲載されている、リクルートエージェントやマイナビエージェントなどの転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

ペット葬儀の求人は案件も少なく必ずしてもあるとは限りませんが、転職エージェントの担当者がもし求人があればあなたに葬儀屋の求人の紹介を行ってくれます。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.