営業職採用の葬儀屋求人

葬儀屋求人トップ >> 条件別の葬儀屋求人 >> 営業職採用の葬儀屋求人

営業職採用の葬儀屋求人

日本では超高齢化社会を迎えて、葬儀業界がにわかに活況を極めてきています。求人をチェックしてみますと、そのボリュウムや条件の良さが目立ってきている事を皆さんもご存じでしょう。そこで、葬儀屋さんで営業職をと考えている方は、じっさいにどの様な仕事内容になるのかを知りたいと思っているのではありませんか?最近注目の成長産業ですので、多くの営業のプロが転職を希望している実態があります。端的に言いますと、一般的に葬儀屋さんにおける営業職は、通常の営業職・販売業と違った側面を持っています。それは葬儀屋さんが営業をかける対象が一般家庭や消費者ではなく、病院や警察が多いと言う事です。この事についてはあまり知らない方も多いのではないでしょうか?

葬儀という職業柄、いきなり飛び込みで「ご家族が亡くなられた際は弊社で式を挙げませんか」などと勧誘するのは不謹慎で、それは常識的にはなかなか出来ることではありません。そこで事前に会員登録を勧める営業方法もありますが、絶対数からすると比率の小さな活動となります。一般的に葬儀屋さんの営業活動は病院や警察を対象に行われます。特に大手総合病院は得意先になるケースが強いでしょう。病院内で死亡者があれば、ご遺族の方へ病院側から葬儀会社を紹介する習慣もあるくらいです。ちなみに3割ほどのご家庭しか、事前に葬儀の準備をしていないというデータもあり、ご遺族にとっても病院紹介は有難いのが現状です。そういった理由も含めて、葬儀会社は地域の病院への営業をとても大事にしている事が分かるでしょう。

また葬儀会社の営業職では、しばしば歩合を加算する給与形態を採っています。この歩合手当によって、営業職の場合はスタッフの中でも給与が高くなる傾向にあるのです。つまり実績次第で給与アップが望める分、やりがいがある仕事だと言う事になります。そしてまた、営業職の求人はかなり多いのが現状です。ただし求人内容にはっきり営業職を謳った求人は少なく、一般的には単なる社員募集のカテゴリーで採用され、入社後に適性やスキルによって采配されるケースが多い様です。ですから、葬儀屋さんの営業職を強く望むのであれば、志望動機のなかでしっかりとアピールをすると良いでしょう。過去の営業実績などを使って、自分が即戦力となる証明ができる様に準備して面接に臨む事も必要です。今後葬儀会社の営業職はさらに好条件の職場になる事は間違いありません。ですから慌てずにじっくり職場選びをする事も併せておススメします。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクナビNEXT 無料 全国


TOP

葬儀屋の転職の基礎

条件別の葬儀屋求人

地域別の葬儀屋求人


Copyright (C) 2014-2017 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.