葬祭ディレクター採用の葬儀屋求人

葬儀屋求人トップ >> 条件別の葬儀屋求人 >> 葬祭ディレクター採用の葬儀屋求人

葬祭ディレクター採用の葬儀屋求人

葬儀の当日に現場で采配を振る葬祭ディレクターですが、転職の求人も多数あります。条件に合う企業をさがしましょう。

「株式会社あいプラン」は北海道地方に30か所以上の葬祭式場を運営しており、この地方では知名度も高くリーディングカンパニーといえます。研修期間は20週間に及び、その間にプロの葬祭ディレクターになる様に訓練します。月間休日は8日以上で、希望休日取得も可能です。社内では他業種から転職した人が多く在籍し、ほぼ同レベルでのスタートを切る事ができます。厚生労働省の認可する「葬祭ディレクター」の資格取得を講習会や費用負担で支援しています。

「真浄葬祭」では葬祭ディレクターを「フューネラルディレクター」と呼び、フューネラルディレクターとそのアシスタントを募集しています。会社は新しい気風をどんどんと取り入れる体質で、これまでにも従業員の発案をいくつも採用してきました。「遺族の心を思いやる」ことを大切にしています。今回の求人では、本人の希望と適性を見てフューネラルディレクターとアシスタントとして働いていただくことになります。

「株式会社公益社」は東証一部上場会社でもあり、従業員は700名以上在籍している企業です。創業80年余、年間の葬儀実績は1万件を数えます。身近な人を亡くされた方は不安定な状態ですから、その遺族の気持ちも踏まえながら気持ちを汲み取り、最高のセレモニーをプロデュースする事が仕事です。人材教育に力を注いでおり、葬祭ディレクターの資格取得者は200名を超えて業界ではトップクラスです。業界未経験者でも、担当者が教育にまわり基本的なマナーから独り立ちできるまでバックアップする研修体制が整っています。

「株式会社ベッセル」では、埼玉県で12の結婚式場と葬儀場を運営しています。現在拠点を拡大しており、人員増員のために求人しています。葬祭ディレクター・プランナーとして自立できるまで、研修を行います。入社後は年齢が近い先輩から3か月〜半年間仕事を教わります。他業種からの転職が多く、同じような立場からのスタートを切れるでしょう。採用のポイントはあくまでも人物重視で、経歴や資格などは確認する程度です。

葬儀の業界で、葬祭を現場で仕切る葬祭ディレクターは、やりがいのある仕事です。求人をしている会社はどこも他業種から採用している実績が多く見られ、どの会社も固有の工夫をこらして研修制度を確立しています。

葬儀屋で働くには下記の人気サイトはまずチェック!

  サービス名 利用料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

葬儀屋の転職の基礎

条件別の葬儀屋求人

地域別の葬儀屋求人


Copyright (C) 2014-2018 葬儀屋求人ガイド【※人気転職サイト最新版】 All Rights Reserved.